【無料で使える】「dWi-Fi」の設定方法・使い方を解説【格安SIMの人必見】

mobile Wi-Fi 格安SIM

格安SIM使っている人「dWi-Fiってどうやったら使えるのかな」「無料でどこまで使えるんだ?」

少し間違いやすそうなので、先に説明しますね。
この記事で解説するのは、街中にあるフリーWi-Fiのことです。持ち歩く「モバイルWi-Fi」ではないです。
よくカフェとかで使える、あのWi-Fiのことですね。

dWi-Fiとは


「dWi-Fi」とは、ドコモが運営しているフリーWi-Fiのことで、これまでは「docomoWi-Fi」という名前でしたが、2020年3月25日より「dWi-Fi」という名前に変わり、サービスも少し変更となりました。

これまではドコモユーザー以外は有料だった

「docomoWi-Fi」と「dWi-Fi」の違いは、有料か無料かの違い。
いままでの「docomoWi-Fi」は、ドコモユーザーは無料、他ユーザーは月額300円でしたが、2020年3月25日から誰でも無料で使えるようになりました。

5台まで使えるようになった

これまでは1IDで1台しか使えなかったのが、1IDで5台まで使えるようになりました。

利用できるところがかなり多い


大手キャリアのフリーWi-Fiは使える施設がとても多く、「dWi-Fi」もその一つ。
「dWi-Fi」の特徴は、大手のチェーン店はもちろんのこと「電車内」でも使えるのが特徴。
東京なら「東京メトロ」の車内でも使えるので、通勤・通学・買い物時に使えます。

また、フリーWi-Fiの大手「ギガぞう」は、「dWi-Fi」とかぶらない施設も多く、

・外でよく使う人
・格安SIMの人

これらの人は、「ギガぞう」もあるといいですね。
「ギガぞうWi-Fi」も電車内で使える鉄道会社が多いので「dWi-Fi」と併せて契約していると便利です。

つまり、格安SIMならすぐに申し込んだ方がいい

「dWi-Fi」は

  • 無料で使える
  • Wi-Fiスポットが多い
  • 5台まで使える

デメリットがまったくないので、申し込むしかないですね。
パケットの節約にかなり貢献します。
au・ソフトバンクの人も入りましょう。

申込みから設定まで解説

dWi-Fiが使えるまでの流れ

  1. dアカウントを作成
  2. dポイントクラブ入会
  3. dポイントカード利用登録
  4. dWi−Fi申込み
  5. デバイス設定
  6. 利用開始

以上の通りです。

①dアカウント作成〜③利用登録まで

dアカウントからdポイント利用登録までは別の記事で紹介していますので下記をご参照ください。

④「dWi-Fi」申込み

dWi−Fi申込みは、3月25日より登録可能。申込みはこちら

⑤デバイス設定

「dWi−Fi」に接続する方法が3種類あります。
接続方法によって設定が異なるので注意しましょう

SIM認証 WEB認証 IEEE802.1X認証
利用できるSSID 0001docomo 0000docomo 0001docomo
対象者 ドコモユーザー ドコモ以外の人 ドコモ以外の人
設定の有無 不要 必要 必要
接続 自動接続 手動接続 自動接続

「IEEE802.1X認証」は一度設定すれば、2回目からはしなくてもOK。
なので、長期的に使うなら「IEEE802.1X認証」がいいです。

まとめ

大手キャリアのWi-Fiが無料で使えるようになったことで、格安SIMの懸念点であった「パケットの使いすぎ」や「速度問題」も軽減されます。
ぼくもBIGLOBEモバイルに変えてから、YouTube見放題で毎月2,500円程度で収まるようになりました。
フリーWi-Fiを活用して、上手に固定費を減らしていきましょう。

おわり\(^O^)/