【電話料金合算払いは損】「d払い」で一番お得な支払い方法は「クレジットカード」

money クレジットカード dポイント d払い

d払い始めた人「支払い設定ってどれがいいんだろう・・・dカード作ったけど、クレジットカード払いでいいのかな・・」

本記事の内容

  • dカード使用時のポイント付与パターン
  • d払いの支払い方法の種類について
  • dカードの場合のお得な支払い方法について

まずは、dポイントの貯まり方について。

d払いを・・
外のお店で利用すると、200円(税込)で1ポイント
ネットのお店で利用すると、100円(税込)で1ポイント

一部店舗では異なる場合もありますが、基本となる共通の貯まり方ですね。
つぎに、支払い方法を見ていきましょう。

3つの支払い方法

  • 「クレジット払い」
  • 「口座払い」
  • 「電話料金合算払い」

一つずつ深掘りしていきます。

クレジットカード払い


「dカード」や「他社クレジットカード」を設定する方法です。ポイントの貯まり方は以下の通りです。

他社カードを設定した場合

「d払い」で支払ってもクレジットカードを通常のお店で使ったのと同様に、そのクレジットカードのポイントが貯まります。

例えば、支払いカードをAMEXで設定すれば、AMEXのポイントが貯まるということです。

dカードを設定した場合

カードを「dカード」に設定している場合、先ほど述べたのと同様にdカードで買い物したのと同じ扱いになるため、dカード側でもdポイントが貯まります。
dカードは「100円(税込)で1ポイント」貯まります。

つまり、「dカード」や「他社クレジットカード」のポイント付与率1%なら
d払い(実質0.5%)+クレジットカードポイント(実質1%※カード会社による)=「実質1.5%」
のポイントを貯めることができます。

口座払い

「口座払い」という名前が内容を分かりづらくしていますが、この「口座」とはドコモのサービスの一つである「ドコモ口座」を利用しているため、このような名前になっています。
「ドコモ口座」のサービス内容を説明するとかなり長くなってしまうので、「d払い」に関連する内容に絞って説明します。
「口座払い」は、コンビニやATM、銀行口座から「ドコモ口座」にチャージでき、そのチャージで支払う方法のことをいいます。
PayPayやLINE Payはこの方式ですね。

「口座払い」で払った場合

dポイントは貯まりません。

d払い(実質0.5%)+「口座払い」(ポイントなし)=「実質0.5%」

のポイント付与になります。

電話料金合算払い

ドコモを契約している人だけが選択できる支払い方法です。
毎月の利用料金と合わせて「d払い」の買い物分も合算して支払えます。
まあ、ぱっと見「楽そう」「手っ取り早い」などと思いそうですが、dカードの人は注意が必要です。
結論から言うと、「dカード」の人は「電話料金合算払い」を選ぶと損します!
絶対に選んではいけません。

その理由をお話しします。

ドコモの利用料金の支払いが「他社カード」(他社カードポイント付与1%)の場合で見てみましょう。

「他社カード」の場合は通常通り、

「他社ポイント」(1%)+「d払い」(0.5%)=実質1.5%還元

しかし、
「dカード」を設定するとどうなるでしょうか。

「dカードのdポイント」(0%)+「d払い」(0.5%)=実質0.5%還元

実はdカード、
ドコモの電話料金等はdポイント付与の対象外なんです。

せっかくdカード持っているのに、「電話料金合算払い」にするとdカード分のdポイントがもらえないのです。
dカード持っている人は「クレジットカード払い」でdカードに設定しましょう。

まとめ

d払いを利用するときには、「クレジットカード払い」が一番お得ということです。
「電話料金合算払い」は利用するメリットはほとんど無いので、事情があってクレジットカードが持てない人以外は「クレジットカード払い」にしましょう。

以上です。