元販売員が「BIGLOBEモバイル」を選んだ理由とは

mobile 格安SIM

固定費を安くしたい人
「格安SIMにしたいけど、何を選べば良いのかわからない」
「格安SIMってスピードが遅いっていうけど、どのくらい遅いのかな」
「一番安いのはどこなのかな」

こんにちは、スマホ店長です。
ぼくは最近、メインのケータイをauからBIGLOBEモバイルに乗り換えました。

格安SIMにちゅうちょしていた人も、乗り換えるのを「本気」で考えた方がいいかもしれません。

ぼくは、これまで携帯電話販売を十数年ほどやってきました。
あらゆる電話会社のケータイ電話を使ってきたぼくが、販売員の目線から「BIGLOBEモバイル」についてお話ししていこうと思います。

BIGLOBEモバイルの「メリット」「デメリット」

まず、乗り換えてよかったこと。

  • 毎月の料金が安くなった
  • 値段の割にそこまで遅くない
  • オプションが魅力的

デメリットは

  • YouTubeで少し遅く感じる
  • 「格安SIM」のなかでは、最安値ではない

以上の通りです。
その辺りを解説していきます。

変えたら料金がかなり安くなった


これまでauを使っていましたが、スマホだけで毎月6000円以上かかっていました。
(機種代は別で)

ぼくは今回、格安SIMの中でも
「BIGLOBEモバイル」
を選択しました。
変更したら、毎月2900円ほどにおさまりました。

月6000円 → 月2900円
年間で「37,200円」安くできた

安く見積もっても
これって、かなり大きいですよね。

BIGLOBEモバイルのプラン


ぼくは「6GB」を選択。
ほとんどの人は、「6GB」で十分じゃないでしょうか。

スピードについて

格安SIMなので、安くなるのは当然ですよね。
結局、「スピード」がどのくらいなのかが、みんなの気になるところ。

結論から言うと、
「ちょっと遅い」っていう印象です。

感覚は人にもよるでしょうけど。ぼくはそんな感じでした。

スピードを測定してみた

実際のスピードを、測定アプリを使って測定してみました。

測定場所:新宿区某所
測定時間:平日の昼間
回線:タイプA(au回線)

ドコモの測定アプリの結果

RBB Speedアプリの結果

平日昼間でも、概ね「2Mbps」前後は出ていました。
このくらいであれば、「すごく遅い!」と感じることはないと思います。

一通り使ってみたスピードの感想は

  • WEBはちょっと遅い
  • YouTubeは、再生が開始するまで5秒から10秒くらい待つ
  • radikoは全く問題ない
  • Apple musicは問題ない

全体的に「ちょっと遅いなあ」と感じるものの、イライラするほどではないですね。
価格を考えると、ぼくは「全然アリ」という結論です。

「エンタメフリー」の存在が決め手


BIGLOBEモバイルを決めた一番の決め手が、
「エンタメフリー・オプション」です。

これは、YouTubeやSpotify、Twitterなどの指定のコンテンツが容量に「カウントされない」という、すごいオプションです。

料金は480円です。
これって、控えめにいって最強です。
格安SIMで、ここまで対応してところはありません。

ぼくの使い方ですが、外で動画はあんまり見ないんですけど、それでも毎月11GBぐらい使ってました。
それが、この「エンタメフリー」オプションのおかげで、6GBで足りるようです。

ちなみにぼくの普段の使い方は以下の通り。

平日仕事
・電車で1時間
・朝、radikoを聴きながらTwitterを見てる
・週2日、ジムに行く
・筋トレ時はApple music聴いてる
・YouTube(60分前後)を見ながら有酸素運動
・Kindleで本を読んでる(テザリング)
・会社の帰りは、喫茶店でiPadを使って仕事。(テザリング)
・家は、光回線があるため、ケータイ回線は使わない。

こんな感じです。
これで6GBで足りるので、やはりすごいです。

ただ、この辺は個人差はありますので、参考程度にどうぞ。

実は最安値ではない「BIGLOBEモバイル」

いろいろと格安SIMを調べている人は、おそらく、

「もっと安いところあるじゃん」

と、考えている人もいますよね。

それは、事実です。
たしかに、BIGLOBEモバイルは、格安SIMの中でも最安値ではありません。

たとえば、同じ6GBで他社と比較すると

OCNモバイル   6GB 1,980円
イオンモバイル  6GB 1,980円
マイネオ  6GB 2,190円
IIJ  6GB 2,220円
BIGLOBEモバイル 6GB 2,150円

上記の通り。
BIGLOBEモバイルは、決して最安値ではありません。
では、なぜぼくはあえて選んだのか。

それは「速度」です。

格安SIMは、料金とスピードがだいたい比例する

ここで格安SIMのしくみについて、少しだけお話ししますね。
難しかったら、ここは飛ばして読んでも大丈夫です。

「格安SIM」は、正確には「MVNO」といいます。このMVNOという会社(今回ではBIGLOBEモバイルが該当しますね)は、電話会社(ここでは「ドコモ」を例にしましょう)から、設備(基地局などのネットワーク)などを借り受けて、ユーザーに安く提供しています。

MVNOと電話会社は、どのような回線契約を結んでいるのでしょうか。

実は、1回線ごとではなく、そのMVNOの会社全体で使うデータ量をまとめて契約するんです。

「来月は全体で100GBぐらい使うので、ドコモと100GBで契約しよう!」

みたいな感じで、電話会社から通信の容量を買います。
(実際はもっと多いと思いますが)

そして、その買ったデータ量をどう捌くのかが、各MVNO会社の腕の見せ所。

仮に、ユーザーのスピードを速くして提供すると、あっという間にその買った容量を使い切っちゃいますよね。
MVNO会社が購入したデータの容量は決まっているので、買った容量を使い切らないように、スピードを遅くするなどして、MVNOの会社は調整しているんです。

スピードを遅くして、安く提供
スピードを速くして、価格は高めに設定

そんな具合に、会社の戦略によって料金が変わってくるわけです。

「格安sim」は、こういったしくみなので、値段とスピードはだいたい比例するんです。
ぼくが、料金の最安値をあえて契約しない理由はココです。

やはり、速度が気になる人へ


「BIGLOBEモバイル」は契約すると、無料でWi-Fiが使えるIDが一つもらえます。
全国にあるWi-Fiスポットが無料で使えるので、ぼくもこれにけっこう助けられています。

パソコンとかタブレットを持っている人は、BIGLOBEモバイルを持っていれば、IDをさらに追加することも可能。

月250円/ID

パソコンやタブレットの利用頻度が高い人にはイイかもです。

BIGLOBEモバイルは、バランスが取れてる

つまり、格安SIMを本気で使うなら、
料金が
「安すぎてもダメ」
「高すぎてもダメ」
なんです。

元販売員の僕から見ると、BIGLOBEモバイルは、料金とスピードのバランスが取れている、とても優秀な格安SIMだと思います。

格安SIMを使っちゃダメな人

元販売員から見て、格安SIMを使っちゃダメな人を紹介。

  • 1年以内に「操作説明」で、電話会社のショップに行った人
  • 画面をよく割る人
  • 電話をよくかける人

以上の通り。

1年以内に「操作説明」で、電話会社のショップに行った人

「格安SIM」を持つには、「操作説明」「プランの相談」など、ショップに行かなくてもできるようなことは「自分で解決」できないと、正直キビシイです。
会社にもよりますが、大手の電話会社のショップと比べると、店舗は圧倒的に少ないです。
料金が安い理由の一つが「ショップが少ない」ということを認識しましょう。

画面をよく割る人

大手の電話会社は、修理を出す時に代わりの電話機を貸してくれますが、格安SIMは基本的に貸してくれません。
販売員をしていた経験上、画面をよく割る人は「電話機を壊してしまうことも多い」傾向にあります。
自分で「予備の端末」を用意できない人は、考え直してみましょう。

電話をよくかける人。

格安SIMには「通話かけ放題」を用意している会社がほとんどありません。
また、あったとしても指定のアプリからかけないといけないなど、制約があります。電話をよくかける人は大手の方が良いかもしれません。

以上に当てはまる人は、大手の電話会社の方がやはり優れているので、もう一度検討してみましょう。

まとめ


格安SIMを探している人は料金に注目しがちですが、長く使うのなら他の点も考慮して決めましょう。
もし、格安SIMで迷っているなら、バランスのとれたBIGLOBEモバイルがいいと思います。

では。